家を選ぶのに色々と考えることを紹介します

予算について考える

投稿日時:2014-06-06 9:20:53

マイホームを購入するときは、購入にいくらまで予算を用意できるのかを考えることが大切になってきます。予算に見合った額の住宅を選ぶようにするのは勿論なのですが、予算をどのように捻出するかはもっと重要になってきます。

予算の内訳を見たとき、大半は銀行からの住宅ローンの借入で、残りの数割が自己資金(頭金)であることがほとんどです。しかし、最近では、購入金額のほぼ全額を住宅ローンによって払おうとする人が増えてきているようです。

確かに、近年は銀行から住宅ローンが借りやすくなりましたし、連続する増税がそうした人の背中を後押ししているのかもしれません。しかし、自己資本なしにマイホームを購入するのはとても高いリスクを背負っているのです。

なぜなら、自己資本を一定額用意することが、住宅ローンを支払えなくなったときのリスク回避になるからです。住宅ローンを支払えなくなった場合、担保にしている家を売却しますが、それだけでは住宅ローンを完済することはできません。しかし、自己資本を数割支払っていた場合には、ローンを完済できる可能性が一気に高くなります。

住宅を購入するときは、用意できる自己資金の額を基準にして、住宅ローンの比率が高くなりすぎないように適切な価格のものを選ぶようにするといいでしょう。

Author

  • 名前:イエオ
  • 性別:男
  • 一言:夢のマイホーム!!
上へ戻る